吉岡水門 
鋼製ローラーゲートのこの水門は
昭和42年に施工されたもので、
現在は福富川公園の入口になっています。
水門としての機能はありませんが、
「枠」はしっかりと残しています。


中の堀川樋門 
門扉の大きさは2.5m×1.9mで2門、
重量は1.3トンで平成8年に作成されました。

常時は1分で30センチ動きますが、
非常時には3m下がります。


新砂水門 
江東区にある水門の多くは「ローラーゲート」
という形式ですが、ここは「セクターゲート」です。
(蒲鉾型の扉が回転する)

写真は、水門を少し斜め上から見た状態です。


荒川ロックゲート 
平成17年に完成した
江戸川区小松川と江東区東砂をまたぐ水門です。

横幅は14mで、ゲートの開閉速度は10m/min、
阪神淡路大震災並みの地震にも耐える頑丈なつくりです。


大島川水門 
裏には越中島連絡橋があります。

大横川と隅田川の合流点に位置していて、
新小名木川水門と同じ「鋼製単葉ローラーゲート」形式。


豊洲水門 
この水門の宣伝文句は
「安全とみんなの笑顔を守ります」です。
(水門の上部に書いてあります)


洲崎南水門 
空と同じグラデーション青色です。
小さな川(運河)なので、水門も小さめ。

木場駅から徒歩10分のところにあります。



辰巳水門 
辰巳桜橋から見える、緑色がキレイな水門です。

「高潮から都民の生命・財産を守ります」という
宣伝文句が水門の上部にあります。


平久水門 
木場駅から徒歩10分のところ、
ヨーカドーの近くにあります。

青ゲートに白い帯がアクセントに。
割とこじんまりとした水門です。


あけぼの水門 
曙運河をまたぐ「複葉ローラーゲート」形式です。

すぐ近くを京葉線が走っているので、
車内から見えます。


仙台堀川水門 
隅田川テラスを歩いていると見えます。
水門の上には「清澄排水機場」の文字があり。

ちなみに、川は暗渠になっています。


新小名木川水門

萬年橋のすぐ近くにあります。

「鋼製単葉ローラーゲート」という形式で、
竣工は昭和36年です。
(写真は水門を裏側から見たところです)


扇橋閘門

小松橋と新扇橋の間にある、別名「日本のパナマ運河」

この門には「前扉」という文字が書いてあり、
少し離れたところにもうひとつ「後扉」があります。
ここは2つで1セットなのです。