川底に沈んでいた丸太 
平住橋撤去工事の際に
川底から見つかった丸太です。
その昔、大横川や横十間川では材木が浮かび、
現在は民族芸能として「角乗」などが残っています。


井住橋跡地 
元々太鼓橋(勾配が急な橋)だったのを
平成15年から17年にかけて改修されたので
その跡地として残っています。


洲崎橋跡地:洲崎川緑道公園内 
むかし川があった所を埋め立てて
今はその場所に緑道公園があります。
橋もその役目を終えてここには有りませんが
跡地としての碑だけが建っています。


産業遺構モニュメント:豊洲公園内 
昭和初期、この地には造船所がありました。
地域の歴史を未来に受け継ぐため
造船工場で使用していたものをモニュメントとして
設置されています。


刀工 左行秀作刀旧跡 
幕末の著名な刀工であった左行秀は
当時この付近にあった土佐藩下屋敷に滞在し、
鍛錬場を築いて刀剣を製造しました。


貨物線の車輪跡 
昭和4年開業〜平成12年閉鎖の
水陸連絡貨物専用駅の小名木川駅で
使用されていた貨物車の実際の車輪です。
現在、跡地にはショッピングセンターが営業中です。


平賀源内電気実験の地 
その名の通り、平賀源内がこの地(清澄1丁目)の
私宅でエレキテルの実験をしたという碑です。
隅田川に掛かる清洲橋の近くにあります。


尾高水門の部品  
砂町地区の水害を守るために造られた
マイターゲート式の尾高水門の
心臓部に当たるものです。

横には石版に刻まれた全体図が描かれています。


親子地蔵尊:東陽町駅下車 
昭和20年3月10日の下町地区の大空襲で
殉難死した人達の供養のため
昭和23年の3年忌法要を記念し、建立されました。


千石地蔵尊:木場公園近く 
上の地蔵尊と同じく、大空襲により亡くなった
死者を悼み、供養のため祀られました。

祀られたのは昭和20年5月頃のようです。


洲崎球場跡 
建設から完成までの期間が3ヶ月で
昭和13年には閉鎖となりました。(稼動期間3年)

昭和11年2月に日本に6番目に結成された
「大東京軍(プロ野球チーム)」の本拠地でした。


旧千葉街道碑 
「千葉街道」とは、その昔に墨田区から
堅川に沿って千葉方面へ通じる道(陸路)でした。
今はその碑だけが建っています。


トーテムポール:新木場駅前 
1984年にカナダ(ブリティッシュコロンビア州)から
江東区へ寄贈されたものです。

すぐ脇には「木のまち新木場」という看板も。



巨大のこぎり 
東京ビックサイト(国際展示場)の入り口にあり、
高さは約15mです。
アメリカのポップアート作家が作成しました。


小名木川旧護岸
今は石積み風護岸の整備が進められていますが
以前は水害から護るため、度重なるかさ上げの
護岸が川に沿ってありました。
その頃のものがここにあります。


釜屋の渡し跡:北砂緑道公園内
その昔に小名木川を往復していた渡しの跡で
地名の由来は釜屋の鋳造所があった為です。


亀戸大根の碑 
亀戸香取神社の敷地中にあります。

江戸末期に栽培が始まった亀戸大根の発祥を
記念した碑で、平成11年に建てられました。



長州藩大砲鋳造場跡(南砂緑道公園内)
この大砲はレプリカです。

「長州藩」という名のとおり、昔この近くには
長州藩主松平大膳大夫の屋敷がありました。


都電車輪跡(南砂緑道公園内)
この公園には昭和2年〜昭和47年まで
都電(城東電車)が走っていました。

この車輪は昭和28年に製造され、
実際に使用していたものです。


伊能忠敬銅像
平成13年に富岡八幡宮の境内に建てられました。

測量出発の時、ここを参拝していたことから
縁の地としてこの場所にあります。


亀戸銭座跡
亀戸銭座で造られた寛永通宝をモデルに、
平成6年に設置されました。

2丁目の公団団地建設の際には
多くの寛永通宝が発見されたとの事です。


波除碑・津波警告の碑
波除碑の建設は1794年頃、当初130cmあった高さも
現在は上部3分の2を失っています。

この碑の破損が激しいため、新たに津波警告の碑が
立てられました。


五百羅漢道標
小名木川橋にある、高さ120cmの碑です。

大島にあった羅漢寺への道標として
享保2年・寛政9年・文化2年の3回にわたって
再建されました。(造立年代は不明)


横綱力士碑
富岡八幡宮から少し離れた所の境内にあります。

明治33年に完成したこの碑は、重さ20トンの
白御影石を使用しています(この石の厚さは1m)。